top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【車も買える!?】勤務間インターバル導入で働き方改革と助成金ゲット!



助成金で車を購入

働き方改革が叫ばれる中、長時間労働の是正や従業員の健康管理が課題となっています。そんな課題解決に役立つのが「勤務間インターバル」制度です。勤務間インターバルとは、退勤から翌日の出勤までの間に一定の休息時間を設ける制度で、労働者の心身の健康保持や生産性の向上に効果が期待できます。

さらに、この制度を導入することで、最大600万円の「働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)」を受け取ることができます。なんと、この助成金を使って新車を購入することも可能なんです!

今回は、勤務間インターバル導入のメリットと、助成金の概要、申請方法について詳しく解説します。

勤務間インターバル導入のメリット

勤務間インターバル導入には、以下のようなメリットがあります。

  • 従業員の健康保持・ストレス軽減

  • 十分な休息時間確保により、疲労回復や睡眠不足の解消につながり、心身の健康保持に効果があります。

  • ストレスの軽減にもつながり、病気や離職のリスクを低減できます。

  • 生産性・業務効率の向上

  • 休息によって集中力や判断力が向上し、業務効率のアップが期待できます。

  • 疲労によるミスや事故の減少にもつながります。

  • 働き方改革の実現

  • 長時間労働の是正やフレックスタイム制の導入など、働き方改革を推進しやすくなります。

  • 従業員のワークライフバランス向上にも貢献します。

  • 助成金の取得

  • 最大600万円の助成金を受け取ることができ、導入にかかる費用の負担を軽減できます。

  • 助成金は、研修費用やコンサルタント費用、設備投資費用などに活用できます。

勤務間インターバル導入コースの助成金概要

勤務間インターバル導入コースの助成金は以下の通りです。

  • 支給対象事業主

  • 労働者災害補償保険の適用事業主であること

  • 勤務間インターバルを導入していない事業場、または導入しているものの対象労働者が事業場に所属する労働者の半数以下である事業場を有する事業主

  • 支給額

  • 休息時間数に応じて、50万円~120万円を支給

  • 賃金引上げを伴う取り組みを行う場合は、最大480万円加算

  • 申請時期

  • 2024年11月29日(金)まで

  • 助成対象経費

  • 研修費用、コンサルタント費用、設備投資費用、賃金改定に伴う費用等


勤務間インターバル導入は、従業員の健康保持や生産性向上、働き方改革の実現に効果的な制度です。さらに、助成金制度を活用することで、導入にかかる費用の負担を軽減することができます。

車も買えるほどの助成金を使って、ぜひ勤務間インターバルを導入し、働きやすい職場環境を実現しましょう!



閲覧数:8回

Comments


bottom of page