top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【DX時代必須!】社員のデジタルスキルアップで最大1億円!事業展開等リスキリング支援コースで助成金GET!


DX

近年、急速に進むデジタル化社会において、企業の競争力強化には社員のデジタルスキルアップが不可欠です。しかし、適切な研修プログラムの導入には多額の費用がかさむことも事実です。

そこで今回は、人材開発支援助成金の中でも、特に注目すべき「事業展開等リスキリング支援コース」を活用することで、社員のデジタルスキルアップを支援しながら、最大1億円の助成金を受けられる制度について詳しくご紹介します。


事業展開等リスキリング支援コースとは?

この制度は、企業が以下のいずれかの目的で、社員のデジタルスキルアップのための研修を実施する場合に、訓練費用および期間中の賃金の一部を助成するものです。

  • 新規事業の立ち上げ等による事業展開

  • 業務の効率化や脱炭素化などに取り組むため、デジタル・グリーン化に対応した人材の育成

つまり、単にデジタルスキルを習得するだけでなく、企業の成長に繋がるような研修であれば、助成金の対象となる可能性が高いのです。


助成金の具体的な内容

助成金の具体的な内容は、以下の通りです。

  • 助成率: 訓練費用の最大75%

  • 助成対象経費: 訓練費用(講師料、教材費、会場費等)および訓練期間中の賃金

  • 助成限度額: 1事業所あたり1年間最大1億円

  • 対象者: 正社員、パート・アルバイト、契約社員等、雇用保険に加入している労働者


助成金のメリット

この制度のメリットは、以下の通りです。

  • 費用負担を軽減できる: 訓練費用および賃金の最大75%が助成されるため、企業の費用負担を大幅に軽減できます。

  • 最新技術を習得できる: 助成金対象となる研修は、AI、ビッグデータ、IoTなどの最新技術を習得できるものが多く、企業の競争力強化に貢献します。

  • 社員のモチベーション向上: デジタルスキルを習得することで、社員のキャリアアップやモチベーション向上にも繋がります。


制度の注意点

制度を利用する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 事前に訓練実施計画届を提出する必要がある: 研修を実施する前に、厚生労働省へ訓練実施計画届を提出する必要があります。

  • 一定の要件を満たす研修プログラムである必要がある: 助成金対象となる研修プログラムは、厚生労働省が定める一定の要件を満たす必要があります。

  • 書類を適切に保存する必要がある: 訓練実施後も、助成金申請に必要な書類を適切に保存する必要があります。


事業展開等リスキリング支援コースは、企業の成長と社員のスキルアップを両立できる、非常に魅力的な制度です。制度の概要や注意点などをしっかりと理解し、自社に合った研修プログラムを導入することで、最大1億円の助成金を受けながら、社員のデジタルスキルアップを図ることができます。

DX時代を生き抜くためにも、ぜひこの制度を活用して、社員のデジタルスキルアップに取り組んでみてはいかがでしょうか。



閲覧数:4回

Comments


bottom of page