top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

キャリアアップ助成金の正社員化コース拡充、企業と労働者の双方にメリット


キャリアアップ

2023年11月29日、キャリアアップ助成金の正社員化コースが拡充され、中小企業における助成金額が最大80万円に引き上げられました。これは、非正規雇用労働者の正社員化を促進し、労働者の雇用安定と人材育成を図ることを目的としています。

私は、助成金専門の社会保険労務士として、この拡充を非常に意義深く感じています。

まず、助成金額の引き上げは、非正規雇用労働者の正社員化をより現実的なものにする効果があります。これまでは、助成金額が中小企業で57万円と低かったため、企業側の負担が大きく、正社員化に踏み切れないケースもありました。しかし、80万円の助成金が受けられるとなれば、企業側の負担が大幅に軽減されるため、正社員化のハードルが下がります。

また、助成金の拡充は、非正規雇用労働者のモチベーションアップにもつながります。正社員化によって、賃金や福利厚生が改善され、キャリアアップの可能性が広がります。そのため、非正規雇用労働者自身も、正社員化を目指す意欲が高まるでしょう。

私は、この拡充によって、より多くの非正規雇用労働者が正社員として活躍できるようになることを期待しています。また、正社員化が進むことで、企業の競争力強化や人材不足の解消にもつながると考えています。

私自身も、この拡充をきっかけに、より多くの企業の正社員化支援に貢献していきたいと考えています。これまで培ってきたノウハウを活かし、企業と非正規雇用労働者の双方にとってWin-Winとなる正社員化を実現していきたいです。

具体的には、以下のような取り組みを進めていきたいと考えています。

  • 企業に対して、正社員化に向けた支援策の提案

  • 非正規雇用労働者に対して、正社員化のメリットや支援策の説明

  • 正社員化に向けた面談やセミナーの実施

一人でも多くの非正規雇用労働者が、この拡充によって正社員として活躍できるようになることを願っています。



閲覧数:5回

コメント


bottom of page