top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

人材育成の救世主!通信教育・eラーニングで人材開発支援助成金が受給可能に!



通信教育

近年、変化の激しい時代を生き抜くために、企業にとって人材育成は不可欠な課題となっています。しかし、社員教育には時間と費用がかかり、中小企業にとっては負担が大きいのも事実です。

そんな課題を解決する救世主として注目されているのが、「人材開発支援助成金」です。この助成金は、企業が従業員のスキルアップのために実施する職業訓練に対して、費用の一部を助成してくれる制度です。

従来、この助成金は対面形式の訓練が対象でしたが、2023年4月から通信教育やeラーニングも対象となりました。

つまり、場所や時間を選ばずに学べる通信教育やeラーニングで、助成金を受けながらスキルアップが可能になったのです!

■ 助成金受給のメリット

  • 費用負担軽減: 訓練経費の一部が助成されるため、企業の負担が軽減されます。

  • 社員のスキルアップ: 最新の知識やスキルを習得することで、社員の競争力向上につながります。

  • 企業の競争力強化: 社員のスキルアップは、企業の競争力強化にも貢献します。

  • 離職率抑制: スキルアップの機会を提供することで、社員の満足度向上につながり、離職率抑制効果も期待できます。

■ 通信教育・eラーニングで助成金を受けるためのポイント

  • 厚生労働省の定める要件を満たす必要があります。

  • 事前に計画を策定し、提出する必要があります。

  • 訓練の実施後、書類を提出して申請する必要があります。

■ 助成金申請のサポート

人材開発支援助成金の申請は、書類作成や手続きが複雑で、煩雑と感じるかもしれません。しかし、社会保険労務士などの専門家に相談することで、スムーズな申請が可能になります。


通信教育やeラーニングで助成金を受けられるようになったことは、企業にとって大きなメリットです。この制度を積極的に活用することで、人材育成を加速させ、企業の競争力強化につなげましょう。


人材開発支援助成金について詳しく知りたい、申請手続きをサポートしてほしいという方は、お気軽にご相談ください。




Comments


bottom of page