top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

介護離職を食い止め、戦力アップ!「両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)」活用ガイド!助成金額最大130万円!



仕事と介護

家族の介護が必要になったとき、仕事と介護の両立に悩む方が少なくありません。介護に多くの時間と労力が必要となるため、仕事を続けられないと考える方も多いでしょう。

しかし、諦める必要はありません!

「両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)」という助成金制度を活用することで、介護をしながら働き続けることが可能です。

この助成金は、介護と仕事の両立を支援するために、中小企業事業主が従業員に対して導入する各種制度の利用を促進するためのものです。


助成金の対象となる制度には、以下のようなものがあります。

  • 介護休業

  • 短時間勤務制度

  • フレックスタイム制

  • テレワーク

  • 介護サービス利用支援 etc

これらの制度を活用することで、従業員は介護と仕事の両立をよりスムーズに行うことができます。

また、事業主にとっても、助成金を受けることで、以下のようなメリットがあります。

  • 優秀な人材の確保・定着

  • 従業員のモチベーション向上

  • 企業イメージの向上

助成金の支給額は、制度の内容や利用期間によって異なりますが、最大で130万円となります。


介護離職防止支援コースを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 中小企業事業主であること

  • 介護が必要な家族がいる従業員がいること

  • 助成金の申請を行うこと


介護と仕事の両立は簡単ではありません。しかし、諦めずに、周囲の理解とサポートを得ながら、積極的に制度を活用していくことが大切です。

この助成金制度が、介護と仕事の両立を目指す皆様のお役に立てれば幸いです。

社会保険労務士であり、助成金総合コンサルタントでもある私が、皆様の疑問や不安にお答えします。お気軽にご相談ください。



閲覧数:4回

Comments


bottom of page