top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

助成金と就業規則、両輪で企業を支える


就業規則

助成金は、事業主が雇用や労働環境の改善を行う際に、国や自治体から支給されるお金です。返済不要で、一定の要件を満たせば誰でも申請できます。

助成金には、さまざまな種類があり、雇用維持や労働環境の改善、人材育成など、多様な目的で活用できます。

その一方で、助成金の申請には、就業規則の整備が重要なポイントとなるケースがあります。

なぜなら、助成金の支給要件の中に、就業規則の作成や変更が含まれているケースがあるからです。

例えば、キャリアアップ助成金では、正社員への転換を条件としており、就業規則に転換規定がないと助成金の受給ができません。

このように、助成金の申請を検討している場合は、就業規則の整備が欠かせません。

では、助成金の申請に必要な就業規則の整備には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

まず、助成金の支給要件を満たす内容になっているかどうかを確認する必要があります。

例えば、キャリアアップ助成金では、正社員への転換を条件としているため、就業規則に転換規定がないと助成金の受給ができません。

次に、労働基準法や労働契約法などの法令に適合しているかどうかを確認する必要があります。

就業規則は、労働基準法や労働契約法などの法令に反すると、無効とされる可能性があります。

そのため、助成金の申請に必要な就業規則の整備を行う際には、法令に適合しているかどうかも確認しておきましょう。

最後に、労働者にとってわかりやすい内容になっているかどうかを確認する必要があります。

就業規則は、労働者の権利と義務を定めるものです。

そのため、労働者が内容を理解し、実践できるように、わかりやすい内容になっていることが重要です。

助成金の申請を検討している場合は、就業規則の整備が欠かせません。

助成金の支給要件を満たし、法令に適合し、労働者にとってわかりやすい内容になっているかどうかを確認して、助成金の申請に備えましょう。


助成金と就業規則は、両輪で企業を支える重要な存在です。

助成金の申請を検討している場合は、就業規則の整備をしっかりと行うことで、助成金の受給率を高めることができます。

もし、就業規則の整備に不安がある場合は、社会保険労務士などの専門家に相談することをおすすめします。



LINE公式アカウントQR



Comments


bottom of page