top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

助成金申請の落とし穴:事前に知っておきたいポイント



助成金

中小企業にとって、助成金は事業継続や成長を支える重要なツールです。しかし、いざ申請しようとした時に、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。


1. 申請書類の不備

申請書類は項目が多く、記入漏れや誤記入が発生しやすいです。特に、専門用語が多く使われる書類は、内容を理解せずに記入してしまうと、不備が生じやすくなります。

2. 申請期限の遅れ

助成金には、申請期限が設けられています。締め切りギリギリに準備を始めると、書類作成や必要書類の収集に時間がかかり、間に合わない可能性があります。

3. 要件の満たし漏れ

助成金には、申請者が満たすべき要件が設けられています。申請前に要件をしっかりと確認しておかないと、せっかく申請しても不支給になる可能性があります。

4. 添付書類不足

申請には、各種書類を添付する必要があります。必要書類が不足していると、申請が受理されない可能性があります。

5. 不正受給のリスク

申請書類に虚偽の内容を記載したり、不正な手段で助成金を受給しようとしたりすると、不正受給とみなされ、刑事罰や行政処分を受ける可能性があります。


事前に知っておきたいポイント

1. 早めに準備を始める

申請期限の余裕を持って、準備を始めることが大切です。必要書類をリストアップし、早めに収集を始めましょう。

2. 要件をしっかりと確認する

申請前に、助成金の要件をしっかりと確認しておきましょう。不明な点があれば、事前に相談窓口に問い合わせて確認することをおすすめします。

3. 申請書類を丁寧に記入する

申請書類は、誤記入がないように丁寧に記入しましょう。専門用語がわからない場合は、辞書やインターネットで調べながら記入しましょう。

4. 添付書類を漏れなく準備する

必要な書類を漏れなく準備しましょう。書類の不足は、申請の遅延や不支給につながります。

5. 不正受給に注意する

申請書類に虚偽の内容を記載したり、不正な手段で助成金を受給しようとしたりすることは、絶対にしないようにしましょう。


助成金申請の落とし穴に注意して、スムーズに申請を完了しましょう。



閲覧数:6回

Comments


bottom of page