top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

外国人雇用に使える助成金は?日本人と違う点は?



外国人労働者と日本人労働者

近年、日本の労働人口の減少に伴い、外国人労働者の雇用拡大が進んでいます。厚生労働省では、外国人労働者の雇用促進や定着支援を目的とした助成金を数多く用意しています。


日本人と外国人で助成金の適用条件に違いはある?

厚生労働省管轄の助成金は、原則として日本人と同様に外国人にも適用されます。ただし、キャリアアップ助成金など一部の助成金では、外国人労働者に適用されない場合もあります。


日本人と外国人で助成金の金額に違いはある?

助成金の金額は、助成金の種類や事業主の規模、雇用する労働者の人数などによって異なります。日本人と外国人で助成金の金額に違いはありません。


外国人雇用に助成金を活用するメリット

外国人雇用に助成金を活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 外国人労働者の雇用・定着にかかる費用を軽減できる

  • 外国人労働者に対する適切な雇用管理を促進できる

  • 外国人労働者を雇用する企業の魅力を高めることができる


外国人雇用に助成金を活用する注意点

外国人雇用に助成金を活用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 助成金の種類や対象事業をよく確認する

  • 助成金の申請期限を守る

  • 助成金の申請に必要な書類を揃える


厚生労働省管轄の助成金は、外国人雇用にも活用することができます。外国人雇用を検討している事業主は、ぜひ助成金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。




閲覧数:1回

Comentários


bottom of page