top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

業務改善助成金で「売上アップ」「働きやすさ向上」を実現!



業務改善

社会保険労務士の西川です。中小企業の経営者や人事担当者の方々を対象に、助成金コンサルティングを行っています。

業務改善助成金は、生産性向上に資する設備投資等を行うとともに、事業場内最低賃金を一定額引き上げた場合に、その費用の一部を助成する制度です。

業務改善助成金には、一般コースと特例コースの2種類があります。一般コースでは、生産性向上に資する設備投資等を行う取組に関連する費用の3分の2(中小企業の場合)または4分の3(小規模企業の場合)が助成されます。特例コースでは、生産性向上に資する設備投資等を行う取組に関連する費用の100%が助成されます。

業務改善助成金は、中小企業の経営者や人事担当者の方々にとって、生産性向上や人材育成の取り組みを進めるための、非常に有力な支援策です。

そこで、本ブログでは、業務改善助成金の活用方法について、以下のように提案したいと思います。

1. 経営戦略に基づいた活用

業務改善助成金を活用する際には、まず、自社の経営戦略を明確にすることが重要です。経営戦略に基づいて、業務改善助成金を活用することで、より効果的な成果を上げることができます。

例えば、経営戦略として「売上を10%増やす」という目標を掲げている場合、業務改善助成金を活用して、生産性の向上や新たな販促施策の実施などに取り組むことで、目標達成に近づくことができます。

2. 労働者の働きやすさ向上も視野に

業務改善助成金は、生産性向上に資する設備投資等を行う取組を支援する制度です。しかし、単に生産性向上だけを目指すのではなく、労働者の働きやすさ向上も視野に入れて活用することも大切です。

例えば、業務改善助成金を活用して、AIやRPAなどの新たな技術を導入することで、労働者の負担を軽減し、働きやすい環境を整えることができます。

3. 助成金の申請はプロに依頼

業務改善助成金の申請には、一定の要件を満たす必要があります。また、申請書類も複雑で、専門的な知識や経験が必要です。

そのため、業務改善助成金の申請は、プロの助けを借りることをおすすめします。助成金コンサルタントに依頼することで、申請の成功率を高めることができます。


私は、業務改善助成金が、中小企業の経営者や人事担当者の方々にとって、大きな力になると信じています。

業務改善助成金を活用することで、生産性向上や人材育成を進め、中小企業の競争力強化や持続的な成長に貢献することができます。

また、業務改善助成金は、労働者の働きやすさ向上にもつながる制度です。労働者の負担を軽減し、働きやすい環境を整えることで、生産性向上や離職率の低下などにつながります。

私は、業務改善助成金の活用を通じて、中小企業の経営者や人事担当者の方々の課題解決に貢献し、中小企業の活性化に寄与していきたいと考えています。



Σχόλια


bottom of page