top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

見逃し禁止!3月31日締め切り!両立支援等助成金「新型コロナウイルス感染症対応特例」の早めの申請をおすすめします!



助成金締切間近

3月31日締切!お早めに申請を!

社会保険労務士・助成金総合コンサルタントの西川です。

今回は、労働者1人当たり10万円、事業主あたり最大100万円を受け取れる可能性のある、両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症対応特例)について、3月31日という迫り来る期限を前に、改めてご案内いたします。


■ 両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症対応特例)とは?

この助成金は、子どもが新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのあるの場合等(陰性でも可)に、子どもの世話を行う必要がある労働者が特別有給休暇を取得できる制度を導入した事業主を支援するものです。


■ 助成金の概要

  • 対象となる休暇:

  • 小学校等の臨時休業等に伴う特別有給休暇

  • 子どもが熱を出し、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのある場合等(陰性でも可)の特別有給休暇

  • 助成額:

  • 労働者1人あたり10万円

  • 事業主あたり10人まで(上限100万円)

  • 休暇取得期限:

  • 令和5年3月31日


両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症対応特例)は、事業主にとって非常にメリットのある制度です。

10万円/人最大100万円という助成金を逃さないためにも、3月31日という期限をしっかりと把握し、早めの申請をお忘れなく!


閲覧数:2回

Comments


bottom of page