top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【ドローン導入で人材育成もラク! 最大75%助成される人材開発支援助成金「事業展開等リスキリング支援コース」活用術】



ドローン

近年、目覚ましい発展を遂げるドローン技術は、様々な業界で新たな可能性を切り拓いています。しかし、せっかく導入しても、操縦技術や法令遵守などの知識・技能が不足していると、本来の力を発揮できず、宝の持ち腐れとなってしまいます。

そこで今回は、ドローンを事業に新規導入する際に役立つ、人材開発支援助成金の「事業展開等リスキリング支援コース」を活用した、従業員のドローン操縦者育成について解説します。

1. 事業展開等リスキリング支援コースとは?

事業展開等リスキリング支援コースは、人材開発支援助成金制度の中でも、新規事業の立ち上げや業務効率化、脱炭素化などに取り組む企業を対象とした支援制度です。従来のコースと比べて、助成率が最大75%と高額に設定されており、ドローン操縦者育成にかかる費用の負担を大幅に軽減できます。

2. ドローン操縦者育成に活用できる助成金

事業展開等リスキリング支援コースでは、以下の費用に対して助成を受けることができます。

  • ドローン操縦者養成訓練の受講料

  • 訓練中の賃金

  • 訓練教材費

  • その他、訓練に必要となる経費

3. 具体的な活用事例

例えば、次のような活用事例が考えられます。

  • 建設会社:ドローンによる空撮や測量技術を習得し、現場の効率化や安全性の向上を目指す

  • 農業法人:ドローンによる農薬散布や生育状況の調査を行い、農業生産性の向上を目指す

  • 宅配業者:ドローンによるラストワンマイル配送を実現し、物流コストの削減を目指す


事業展開等リスキリング支援コースを活用すれば、ドローン導入に伴う人材育成費用を最大75%軽減できます。ドローン技術を事業に活かしたいと考えている企業は、ぜひこの制度を活用し、人材育成を進めていきましょう。



閲覧数:3回

Comments


bottom of page