top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【働き方改革で人材不足も解消!?】従業員の働き方改革で企業の未来が変わる! 働き方改革推進支援助成金で賢く設備導入!



時間効率化

働き方改革の推進が叫ばれる中、多くの企業が長時間労働の是正や従業員のワークライフバランス実現に頭を悩ませています。そんな課題解決に役立つのが、厚生労働省が提供する「働き方改革推進支援助成金」です。

中でも、労働時間短縮・年休促進支援コースは、従業員の労働時間を効率化できる設備導入を支援する制度として注目されています。この助成金を活用すれば、単なる残業削減だけでなく、従業員の定着率向上や新規採用の促進など、企業にとって大きなメリットが期待できます。

本ブログでは、労働時間短縮・年休促進支援コースの特徴と、助成金活用による具体的な効果について解説します。


1. 労働時間短縮・年休促進支援コースとは?

このコースは、生産性の向上と時間外労働の削減、年次有給休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主を支援する制度です。具体的には、以下の設備導入にかかる費用の一部を助成します。

  • 業務改善のための機器・設備

  • 労働時間管理のための機器・設備

  • 研修のための費用等


2. 助成金活用のメリット

2-1. 労働時間の効率化と残業代の削減

助成金で導入した設備により、業務の効率化が図られ、残業時間の削減につながります。残業代の削減は、企業にとって直接的なコスト削減効果をもたらします。

2-2. 従業員のワークライフバランス実現

労働時間の短縮は、従業員のワークライフバランス実現にも貢献します。仕事とプライベートの時間を充実させることで、従業員のモチベーション向上やストレス軽減につながります。

2-3. 従業員定着率の向上

ワークライフバランスが整った職場は、従業員にとって魅力的な職場となります。優秀な人材の定着率向上は、企業の競争力強化に不可欠です。

2-4. 新規採用の促進

働き方改革に積極的に取り組む企業は、求職者にとっても魅力的に映ります。労働時間短縮・年休促進支援コースを活用することは、企業の求人活動においても大きなアピールポイントとなります。


3. 導入事例

事例1:事務職の業務効率化

A社は、労働時間短縮・年休促進支援コースを活用して、時間効率に資する事務機器を導入しました。これにより、書類処理にかかる時間を大幅に削減し、残業時間を月30時間から10時間へと減らすことに成功しました。

事例2:製造業における作業効率化

B社は、ロボットアームや自動搬送装置等の設備を導入しました。これにより、単純作業の自動化を実現し、従業員の負担を軽減すると同時に、作業精度も向上しました。その結果、生産性が向上し、残業時間も削減されました。


4. まとめ

労働時間短縮・年休促進支援コースは、企業にとって様々なメリットをもたらす制度です。助成金制度を活用することで、従業員の労働環境を改善し、企業競争力を強化することができます。

社会保険労務士に相談することで、最適な助成金の活用方法をアドバイスを受けることもできます。

働き方改革を成功させ、理想の職場環境を実現するために、ぜひ労働時間短縮・年休促進支援コースを活用してください。




閲覧数:2回

Comments


bottom of page