top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

テレワーク導入で人材確保!支援助成金の活用方法



テレワーク

テレワーク導入を検討している企業様へ朗報です!

厚生労働省が提供する「人材確保等支援助成金(テレワークコース)」を活用すれば、テレワーク導入に必要な費用の一部を助成金として受け取ることができます。


1. 人材確保等支援助成金(テレワークコース)とは?

人材確保等支援助成金(テレワークコース)は、中小企業事業主が良質なテレワーク制度を導入・実施することを支援するための助成金制度です。

助成対象となるのは、中小企業事業主です。

助成金の概要は以下の通りです。

  • 助成内容: テレワーク導入に必要な費用の一部を助成

  • 助成額: 最大100万円

  • 申請時期: 随時

2. テレワークコースで助成を受けられる費用

テレワークコースで助成を受けられる費用は以下の通りです。

  • 機器等導入助成

  • 目標達成助成

それぞれの助成額の上限は、以下の通りです。

  • 機器等導入助成: 対象経費の30%、最大100万円

  • 目標達成助成: 対象経費の20%、最大100万円


3. テレワーク導入のメリット

テレワーク導入には、以下のようなメリットがあります。

  • 人材確保・定着率向上: ワークライフバランスの向上により、優秀な人材の確保・定着に繋がる

  • 生産性向上: 通勤時間の削減や集中しやすい環境により、従業員の生産性が向上

  • コスト削減: オフィス賃料や光熱費などのコストを削減

  • BCP対策: 災害時やパンデミック発生時でも事業継続が可能


4. テレワーク導入の注意点

テレワーク導入には、以下のような注意点があります。

  • セキュリティ対策: 情報漏洩などのセキュリティ対策を講じる必要がある

  • コミュニケーション不足: コミュニケーション不足による業務効率の低下を防ぐ必要がある

  • 労務管理: 勤怠管理や成果管理など、労務管理の方法を見直す必要がある


5. まとめ

人材確保等支援助成金(テレワークコース)を活用すれば、テレワーク導入に必要な費用を軽減することができます。

テレワーク導入には、人材確保・定着率向上、生産性向上、コスト削減など、多くのメリットがあります。

一方で、セキュリティ対策やコミュニケーション不足などの注意点もあります。

これらのメリットとデメリットを理解した上で、テレワーク導入を検討してみてはいかがでしょうか。



Commentaires


bottom of page