top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

助成金を活用して非正規社員を正社員化しよう


キャリアアップ

助成金を活用して非正規社員を正社員化することは、事業主にとっても、労働者にとっても、メリットがあります。

事業主にとってのメリット

  • 正社員化に伴うコストの一部を助成金で補助してもらえる

  • 正社員化を促進することで、労働者のモチベーションや生産性の向上が期待できる

  • 正社員化により、労働者一人ひとりのスキルや経験を活かすことができる

労働者にとってのメリット

  • 正社員になることで、雇用や収入の安定が図れる

  • 正社員として働き続けることで、キャリアアップやスキルアップの機会が広がる

助成金の種類と対象者 厚生労働省では、非正規社員の正社員化を促進するための助成金として、以下のようなものを用意しています。

  • キャリアアップ助成金

    • 有期雇用労働者等の正社員化や処遇改善を支援する助成金


  • トライアル雇用助成金

    • 正社員化を前提とした一定期間の試用雇用を支援する助成金


  • 特定求職者雇用開発助成金

    • 特定の求職者を雇用する事業主を支援する助成金


これらの助成金は、事業規模や雇用形態、労働者の年齢などによって、対象者が異なります。


助成金活用の注意点 助成金活用には、いくつかの注意点があります。

  • 助成金の要件を満たすこと

    • 助成金には、それぞれに定められた要件があります。要件を満たしていないと、助成金の支給を受けることができません。


  • 申請手続きを期限内に行うこと

    • 助成金の申請には、一定の書類を提出する必要があります。申請手続きは期限内に行うようにしましょう。

私は、助成金を活用して非正規社員を正社員化することは、企業と労働者の双方にとって、Win-Winの関係を築くことができる有効な手段であると考えています。 企業にとっては、正社員化に伴うコストを抑えながら、労働者のモチベーションや生産性の向上を図ることができます。労働者にとっては、雇用や収入の安定が図られ、キャリアアップやスキルアップの機会が広がります。 私は、今後も、助成金を活用した非正規社員の正社員化を支援していきたいと考えています。



LINE公式アカウント



留言


bottom of page