top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

助成金を活用して高齢者雇用を推進しよう


助成金

社会保険労務士の西川です。

少子高齢化が進む日本において、高齢者雇用の推進は重要な課題となっています。

高齢者が意欲と能力のある限り働ける環境を整えることで、社会全体の生産性向上や労働力不足の解消につながります。

そこで、国では高齢者雇用の推進を支援する助成金制度を整備しています。これらの助成金を活用することで、事業主は高齢者の雇用や定着を促進するための取り組みを実施しやすくなります。


高齢者雇用を推進する助成金とは

高齢者雇用を推進する助成金には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • 定年引上げや雇用管理制度の整備等の取組を支援する助成金

  • 高齢者の就労継続を支援する助成金

  • 高齢者の雇用促進に向けた取組を支援する助成金

定年引上げや雇用管理制度の整備等の取組を支援する助成金は、事業主が定年を65歳以上に引き上げる、定年制度を廃止する、高齢者雇用管理計画を策定するなどの取組を行う場合に支給されます。

高齢者の就労継続を支援する助成金は、高齢者が働きやすい環境を整備するための取組を行う場合に支給されます。

高齢者の雇用促進に向けた取組を支援する助成金は、高齢者が働きやすい職場環境を整備するための取組を行う場合に支給されます。


私は、社会保険労務士として、事業主と労働者の双方の立場から、高齢者雇用の推進に取り組んでいます。

事業主の立場からは、助成金制度を活用して、高齢者の雇用や定着を促進するための取り組みを実施しやすい環境を整えることが重要だと考えています。また、高齢者雇用の推進に関する情報提供や相談支援を行うことで、事業主が適切な取組を実施できるようサポートしていきたいと考えています。

労働者の立場からは、高齢者が安心して働き続けられるような環境を整えることが重要だと考えています。そのため、高齢者向けの研修や教育の実施など、高齢者が働きやすい環境を整えるための取組を積極的に進めていきたいと考えています。


高齢者雇用を推進することは、社会全体にとって重要な課題です。事業主は、助成金制度を活用して、高齢者の雇用や定着を促進するための取り組みを実施しましょう。そして、社会保険労務士などの専門家に相談することで、適切な取組を実施することができます。

高齢者雇用の推進を通じて、生産性向上や労働力不足の解消に貢献していきましょう。



LINE公式アカウント



閲覧数:0回

Comments


bottom of page