top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

賢く活用して会社を成長させる! 厚生労働省管轄の助成金、併給で最大限に活用する方法とは?



助成金

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 人材育成や事業拡大に必要な資金が不足している

  • 助成金制度は種類が多くて、どれを選べば良いのかわからない

  • 申請手続きが複雑で、時間と労力がかかってしまう

そんなあなたに朗報です!

厚生労働省管轄の助成金は、単体で受給するだけでなく、併給することで受給額を大幅に増やすことができることをご存知でしょうか?

本記事では、社会保険労務士であり、助成金総合コンサルタントでもある私が、厚生労働省管轄の助成金を最大限に活用する方法について解説します。


1. 助成金併給のメリット

助成金は、単体で受給するよりも併給することで、以下のメリットがあります。

  • 受給額の増加: 複数の助成金を組み合わせることで、単体で受給するよりも多くの資金を獲得することができます。

  • 資金使途の幅が広がる: 複数の助成金を組み合わせることで、人材育成、設備投資、事業拡大など、様々な目的に資金を充てることができます。

  • 申請手続きの効率化: 複数の助成金をまとめて申請することで、申請手続きの時間を短縮することができます。


2. 助成金併給の注意点

助成金併給には、以下の点に注意する必要があります。

  • 併給可能かどうか: すべての助成金が併給できるわけではありません。事前に各助成金の要件を確認する必要があります。

  • 申請手続き: 複数の助成金を併給する場合、それぞれの助成金の申請手続きを個別に進める必要があります。

  • 重複受給の禁止: 同じ費用に対して複数の助成金を受給することはできません。


3. 助成金併給の成功事例

以下は、助成金併給によって資金を獲得し、事業を成長させた企業の例です。

  • A社: 人材育成のための助成金と設備投資のための助成金を併給し、生産性を向上させた。

  • B社: 雇用維持のための助成金と新規事業のための助成金を併給し、新規事業を立ち上げ、売上を拡大させた。

  • C社: テレワーク導入のための助成金と人材育成のための助成金を併給し、働き方改革を進め、従業員満足度を向上させた。


厚生労働省管轄の助成金は、単体で受給するよりも併給することで、受給額を大幅に増やすことができることをご理解いただけたでしょうか?

助成金併給には、注意点もいくつかありますが、事前にしっかりと準備をすれば、企業の成長を大きく加速させることができます。

助成金の申請手続きは複雑な場合もありますが、社会保険労務士などの専門家に相談すれば、スムーズに進めることができます。

ぜひ、本記事を参考に、助成金併給を活用して、企業の成長を実現してください。

助成金に関するご相談は、お気軽に当事務所までお問合せください。



Comments


bottom of page