top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

企業型確定拠出年金導入でキャリアアップ助成金ゲット!従業員も会社もWin-Winを実現


確定拠出年金

こんにちは!社会保険労務士で助成金総合コンサルタントの西川です。


今回は、キャリアアップ助成金の賞与・退職金制度導入コースを活用した企業型確定拠出年金(DC)導入について、詳しく解説します。

キャリアアップ助成金は、雇用環境の改善や人材育成を支援する国の制度です。その中でも、賞与・退職金制度導入コースは、従業員の離職防止やモチベーション向上に繋がる退職金制度の導入を支援します。

企業型DCは、企業が従業員の代わりに掛金を拠出する確定拠出年金です。従業員は、積み立てた資金を運用し、将来の年金として受け取ることができます。


企業型DC導入のメリットは、以下の4つが挙げられます。

従業員にとって

  • 将来の年金不安を解消

  • 自身のライフスタイルに合わせて運用を選択

  • 資産形成を積極的に行う

  • 税金や社会保険料の削減

事業主にとって

  • 退職金負担の軽減

  • 従業員の満足度向上

  • 優秀な人材の確保・定着

  • 税金や社会保険料の削減


キャリアアップ助成金を活用すれば、企業型DC導入にかかる費用の一部を助成を受けることができます。助成金の上限額は、事業規模や従業員数によって異なりますが、最大で56.8万円となります。


企業型DC導入のポイント

  • 従業員のニーズに合った制度設計

  • 運用商品の選び方

  • 従業員への説明と教育

制度設計では、加入資格、掛金、運用商品、受給方法などを定める必要があります。従業員のニーズを把握し、従業員と事業主にとってWin-Winとなる制度設計が重要です。

運用商品は、リスクとリターンのバランスを考慮して選ぶ必要があります。従業員自身が運用方法を選択できる選択制を導入することで、従業員の投資リテラシー向上にも繋がります。

従業員への説明と教育は、制度内容や運用方法をしっかりと理解してもらうために重要です。導入前に説明会を開催したり、パンフレットや動画を作成したりするなど、さまざまな方法で情報を提供しましょう。


企業型DC導入は、従業員の将来設計支援だけでなく、企業にとっても多くのメリットがあります。キャリアアップ助成金を活用すれば、導入コストを抑えながら、従業員と事業主にとってWin-Winの関係を築くことができます。



Comments


bottom of page